<インドネシア>2/5~19 新興国を担う若手社会起業家から学ぶ

社会的企業, 社会起業家, インドネシア, 海外, イスラム教

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • ボランティア
  • <インドネシア>2/5~19 新興国を担う若手社会起業家から学ぶ

<インドネシア>2/5~19 新興国を担う若手社会起業家から学ぶ

最終更新日時:2016年11月30日 15:16 投稿作成日時:2016年11月30日 15:18

カテゴリー:国際協力,文化・アート,教育,農業,宗教,女性,アドボカシー・人権,学習ワークキャンプ

  • 受付状況:受付中
  • 地域:海外
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!,外国語と触れ合える
開催期間2017年2月05日~2017年2月19日
募集期間2016年11月30日~2016年12月14日
お申込方法インターネット
定員8名(他に、インドネシアの参加者が4名参加します)
対象者●心身ともに健康な18歳以上の大学生または大学院生(申込時に満20歳未満の未成年者は、親権者による承諾書の提出が必須となります)
●引率の指示に従い、活動に積極的に参加をし、共同生活が営める人
●文化・習慣の違いなどをみとめ、現地の文化・習慣を尊重できる人
●流暢でなくても共通語の英語で対話ができ、積極的にコミュニケーションをとる意欲がある人
●シンプルな環境を楽しむことができる人
●体調管理を自分の責任で行うことができる人
●渡航に関わる準備を、責任をもって行うことができる人
●インタビューの準備などを、日本からしっかり行うことができる人
●事前のオリエンテーションに参加できる人
●参加後のふりかえり会・活動報告会に参加できる人
●終了後、800字程度の報告書を提出できる人
料金40,000円
料金補足説明①Gakuvo支援金の支払いで免除されるもの:日本の空港からジャカルタまでの飛行機代、ジャカルタ滞在のための宿泊費、活動のための現地の交通費、活動中の食費(自由行動の際を除く)、初日と最終日のジョグジャカルタの空港送迎
②Gakuvo支援金の支払いで免除されないもの:自宅から集合・解散場所への交通費、自宅からオリエンテーション・ふりかえり会・活動報告会の会場への交通費、自由行動の際の食事(ローカル食堂200~300円くらい、ショッピングモールでは400~1,000円くらい)、その他フリーデーの自由行動のための費用、海外旅行保険代金、その他必要な費用
※Gakuvo支援金をお支払いただかない場合は、①の実費をご負担いただき、それぞれの支払い箇所に直接お支払いただきます。
開催国インドネシア
場所インドネシア ジャカルタ
住所海外インドネシア ジャカルタ
場所補足説明300以上の民族の暮らす多民族国家インドネシアの首都。インドネシアの人口は中国、インド、アメリカに次ぐ世界第4位の約2億5千万人。赤道直下に位置し、ジャカルタの人口は950万人を超え2014年の近郊を含む都市圏人口は2,996万人で、東京に次いで世界第2位の世界屈指の大都市。
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

Alternative Leadership Program in Indonesia -Social Entrepreneurship- 参加者募集中!
インドネシア人学生と協働でインドネシア社会起業家に取材をし、インドネシアの社会起業のいまを学ぶ2週間

Alternative Leadership Program in Indonesia -Social Entrepreneurship-とは?
グローバルな問題意識と行動力をもつ次世代リーダー育成プログラム。
日本とは価値観も、コミュニケーション方法も、宗教も違う環境で、日本人、インドネシア人混合のメンバーと切磋琢磨しながら、五感をフル回転で成長しよう!!!
経済発展で注目を浴びているインドネシアですが、日本以上に貧富の格差、環境汚染、劣悪な衛生環境もあちこちに見られます。一方、そうした状況を改善するためにビジネスを興す社会起業家も増えています。自分の国を良くしようと知能と情熱をもって取り組んでいます。
このプログラムでは、首都ジャカルタの状況を自分自身で感じ、社会起業家中間支援組織からインドネシアの社会起業のいまを学んだ後に、実際にビジネスをしている社会起業家へインタビューをし、最終的には記事や動画を制作、発表します。

応募前の説明会を実施しています。詳細はWebへ

Alternative Leadership Program in Indonesia -Social Entrepreneurship-の特徴
1. 新興国のエネルギーを感じ「企業や消費者としての社会的責任」を考える
2. インドネシア人社会起業家への直接取材から、自分には何ができるかを考える
3. 「主体性」「生きた英語」「多様性」を鍛えるインドネシア人との協働作業
4. 参加者同士の絆を深めるフリーデー!
5. 日本人による全日程ファシリテート&事前事後のフォローアップ
6. 日本での事前オリエンテーション・事後ふりかえり会

■実施要綱
日時:2017年2月5日(日)~19日(日)
[集合・解散場所]羽田空港

プロフィール

名称日本財団学生ボランティアセンター
住所東京都 港区 虎ノ門1-11-2 日本財団第二ビル7F
TEL03-6206-1529
FAX03-6206-1530
E-mailgakuvo.info@gmail.com
担当者名瀧・石川

紹介メディア

pagetop