被災地のボランティアに行く前に準備すること

災害ボランティアとは 災害ボランティアとは

災害ボランティアに行く準備

地震などで倒壊した建物がある場所や、浸水などの被害がある場所の「災害ボランティア」として被災地に赴く場合は、通常のボランティアより事前準備や持ち物が多くなります。
被災状況に応じて必要最低限の持ち物をチェックする場合にこちらのページをご利用ください。また、被災地に赴く際は被災地の市区町村より発信される情報を事前に確認するようにしましょう。

1.流通の状態を考慮する

被災地では十分な物資が行き届いていない場合が多いです。
ボランティア活動をする際は、自身の食糧や着替えなど被災地で過ごす最低限の分を確保しましょう。
また、物流が動き出した場合は被災者の方が優先ですが、十分に確保できている場合は現地の商品を買うことで経済的に貢献できることもあります。

2.ボランティアを募集している場所にいく

被災直後は現地が混乱している恐れがあります。確実にボランティアを募集している公共団体、またはそれにかわる団体の募集状況をサイトなどで経過を確認し、被災現場に勝手に踏み入らないようにしましょう。

3.ライフラインの有無の確認

電気・ガス・水道・インターネットなどのライフラインが断絶されている場所には、簡易トイレ・寝袋・携帯の充電などの持ち物が追加で必要です。事前にインフラの状態を確認し、それに合った荷物を選択してください。

災害ボランティアで最低限必要な準備 災害ボランティアで最低限必要な準備

4.災害内容と合う準備品を

災害ボランティア時の服装

  • ヘルメットや帽子(余震など考慮)
  • 防塵マスク
  • ゴーグル
  • 長袖/長ズボン
  • 名札を自分で作る
  • 厚手の長靴や安全靴
  • ゴム手袋
  • タオル

余震が続く際は帽子よりヘルメット、マスクは風邪などでの普段使用するものではなく防塵用、ゴーグルは瓦礫の除去などで埃が目に入ることから隙間がないもの、肌の露出がケガにつながるので着替えを多めに長袖・長ズボン、震災時に把握する余裕がないため自分で名札を作っておくなど、状況に合わせて工夫してください。

ウエストポーチ等で携帯する物

  • 飲み物
  • 消毒液
  • 財布などの貴重品
  • 携帯
  • 健康保険証
  • 雨具
  • 手を拭けるウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • 携帯の充電器
  • 虫よけや日焼け止め

ライフラインが断絶されてる場所

  • 大きいビニール袋複数
  • テント
  • 寝袋
  • 簡易トイレ
  • コンセントを必要としない充電器
  • 全身を拭けるウェットシート
  • マッチやライターとロウソク
ボランティア保険に事前に入ろう ボランティア保険に事前に入ろう

5.自身のボランティア保険の加入の有無

災害時のボランティア保険には注意が必要です。
・基本タイプ…台風や水害時の保険
・天災タイプ…基本+(地震・噴火・津波)の保険
上記は、別になっています。
災害に合わせた保険に加入できているか事前に確認しましょう。

6.ボランティア保険に加入するには?

ボランティア保険への加入は、最寄りの市区町村の社会福祉協議会窓口で加入できます。
ボランティア保険には「大規模災害特例」というものがあり、大規模災害時には震災地の市区町村で加入手続きがとれ、即保険が適用という特例があります。
ただ被災地の社会福祉協議会窓口大変混みあいますので、事前に自身の市区町村の社会福祉協議会へ申し込み、手続き完了日の翌日0時から適用という手続きを踏むことが望まれます。

倒壊した建物の撤去などのボランティア 倒壊した建物の撤去などのボランティア

7.被災地でのボランティア

避難所のある被災地では、倒壊した建物の撤去などのボランティアもあります。そこに住んでる人がいない時でも、積みあげられた瓦礫やゴミなどではなく、家族にとっては大事な思い出です。
震災で気持ちの休まることがない被災者の気持ちを労わるようにしましょう。
破損しているものでも撤去時は「もし自分が被災した場合に傷つく」発言をしないように気を付けましょう。

8.被災地に行く手段

被災地の交通は遮断されている、または到着までにとても時間のかかる場合が多いです。
被災地に届ける物流の邪魔をしないように、ボランティアをする人たちだけを運ぶ「ボランティアバス」で送迎している場所もあります。
ぜひ利用できる場所を調べてみましょう。
最寄りの社会福祉協議会窓口でも送迎している場所があります。

7.被災地での宿泊

長期間滞在する場合、宿泊場所を事前に確保し体力やメンタルを十分回復させる必要があります。
ボランティアバスは「バスが簡易宿泊場所」となる場合がありますが多くは用意されていません。
自家用車での宿泊はエコノミークラス症候群の発症や十分な睡眠を確保できず、疲れが蓄積されてしまいます。
被災地によっては、ボランティアのための簡易宿泊所が用意されている場所もあるので、事前に必ず調べてみましょう。

9.被災地でのボランティア帰宅後

震災などのボランティアから帰宅後、現地での余震や長期間の緊張でメンタルが疲れて緊張状態が続いて眠れなかったり、落ち着かなくなるなど症状がでることがあります。
そういう時は、普段の生活に戻りながら、いつもよりゆったりと過ごしてみてください。
あまりにも症状が酷い場合は医師に相談してください。

ホームへ戻る
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop