トップ投稿画像

受付中レジリエンスを育む小学校~ブラジルのオルタナティブスクールでの学び

投稿作成日時:2017年5月11日 14:14

地域東京都

カテゴリ国際協力,子供,教育,アドボカシー・人権,

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!

開催期間2017年5月27日~2017年5月27日
時間帯13:00~15:00
募集期間2017年5月11日~2017年5月26日
お申込み方法メール, インターネット
料金DEAR会員無料/一般1,000円、学生500円(単位:円)
定員30名 ※要申込・先着順(単位:名)
対象者
料金補足説明
場所富坂キリスト教センター1号館会議室
住所東京都文京区小石川2-9-4 グーグルMapを開く
最寄り駅地下鉄「後楽園」または「春日」駅より徒歩7分
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

ブラジル、サンパウロ郊外のとある貧困地域には「レジリエンス・スクール」と呼ばれる私立小学校があります。貧困や暴力といった、子どもたちの置かれている状況を改善するため、シュタイナー教育をベースに、子どもたち一人ひとりの中に“レジリエンス”を育てることを教育理念に掲げ、2010年より学校は始まりました。

レジリエンスという言葉は、「弾力」「耐久力」「回復力」などと訳されます。「遊具がなくても自分たちで材料を見つけ、ブランコを作って木に掛けることができる。それが私たちが育もうとしているレジリエンス」と先生は言います。困難に負けず生きていく力を、学校教育の中でどのように育てているのでしょうか?

今年1月より約3か月間、「レジリエンス・スクール」に滞在し、フィールドワークを行った星久美子さん(元DEAR職員)が、そこで見た子どもたちの学びと地域の変容、毎日の教育実践の観察を通して、気づいたこと、感じたことをお話します。

■内容:
・「レジリエンス・スクール」の概要紹介
(母体団体であるモンチアズール・コミュニティ協会の成り立ち、学校教育実践)
・子どもたちの学び(授業の様子、子どもたちの一日)
・教師たちの学び(教員会議のワークショップ体験)

■報告者:
星 久美子さん(元DEAR職員・大学院生)

プロフィール

名称開発教育協会/DEAR
住所東京都
Tel03-5844-3630
E-mail
担当者名八木

オススメのボランティア

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop