トップ投稿画像

受付中【初来日!陳光誠講演会 in 名古屋】「不屈力」-亡命から5年 盲目の人権活動家が語る。

投稿作成日時:2017年9月27日 12:46

地域愛知県

カテゴリアドボカシー・人権,

ワンポイントチェック

開催期間2017年11月05日~2017年11月05日
時間帯14:00~16:30
募集期間2017年9月27日~2017年11月05日
お申込み方法メール, TEL, インターネット, FAX
料金500(単位:円)
定員100(単位:名)
対象者
料金補足説明※学生・障がい者 無料(学生証、障がい者手帳の提示)
場所名古屋市市民活動推進センター 集会室
住所愛知県名古屋市中区栄3-18-1 グーグルMapを開く
最寄り駅地下鉄「栄」駅 7・8番出口より徒歩7分、地下鉄「矢場町」駅 5・6番出口より徒歩5分
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

5年前、ある人権活動家の亡命が世界の注目を集めました。
中国で”はだしの弁護士※”として名を馳せていた陳光誠さんです。

幼い頃に病気で視力を失い、目が見えないことで差別を経験した彼は、独学で学んだ法律を武器に、障がい者や女性、地方で暮らす貧しい人たちのために取り組んでいました。

しかし「一人っ子政策」で、女性たちが強制的に堕胎させられたことを告発しようとしたため、政府から激しい弾圧を受けるようになります。地元当局による不当な身柄拘束や投獄、長期にわたる自宅軟禁、暴力…。家族を守るために、生き延びて活動を続けるために、命がけで中国を脱出し、米国へ渡りました。

アムネスティ・インターナショナル日本は、来る10月18日からの約3週間、陳光誠さんをお招きし、全国8カ所で講演会を開催します。初来日となる今回の講演では、ご自身の経験と支えてくれた人たちのこと、さらに中国での弾圧の実態を語ります。

陳光誠さんの経験を通して、今も中国で人権のために闘っている活動家たちのために、私たち一人ひとりができることを一緒に考えませんか。

※正式な弁護士資格は持たないが、法律家の不足している農村部などで法律相談などの活動をする人のこと。

【内容】
・陳光誠さんのお話(60分)
・対談:聞き手 アムネスティ日本のスタッフ
・質疑応答

プロフィール

名称公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
住所東京都 千代田区神田小川町 2-12-14  晴花ビル7階
Tel03-3518-6777
E-mail
担当者名山下
本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ログイン
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop