トップ投稿画像

受付中11/19(日)ツキイチカフェ「ボルネオ島の熱帯林破壊と私たちの消費生活の関係」

投稿作成日時:2017年10月30日 23:10

地域京都府

カテゴリ国際協力,農業,フェアトレード,学習ワークキャンプ,

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可

開催期間2017年11月19日~2017年11月19日
時間帯14:00~16:00
募集期間2017年11月01日~2017年11月18日
お申込み方法メール, TEL, FAX
料金500(単位:円)
定員20(単位:名)
対象者国際支援、途上国の環境問題、日本の食と途上国の自然の関係に関心のある人
初心者歓迎
料金補足説明社会人800円、学生、会員500円(フェアトレードコーヒー、アバカ手編みコースター(初回参加者)、ブランドカードセット代を含む)
場所東山いきいき市民活動センター1階 和室
住所京都府京都市東山区巽町442-9 グーグルMapを開く
最寄り駅京阪電鉄「三条」駅徒歩5分、地下鉄東西線「三条京阪」駅徒歩5分
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

テーマ:ボルネオ島の熱帯林破壊と私たちの消費生活の関係

固有の哺乳類、ユニークな鳥や昆虫、光る苔や珍しい植物…豊かな生物多様性が広がるボルネオ島では、かつて島の大半を覆っていた熱帯林がどんどん破壊されています。その原因を調べると、ポテトチップス、インスタント麺、マーガリン、アイスクリーム、チョコレートなど私たちの身近な商品に辿りつきます。遠い大自然の環境破壊と私たちの消費生活の関係、問題に立ち向かう国内外のNGOの活動を、僕が国際協力に関わり始め、人生に悩み、ボルネオで森林再生を行う熱い仲間と出会うまでのストーリーを紹介しながら一緒に考えたいと思います。〔石崎 雄一郎〕
フェアトレードコーヒーを飲みながら、ゲストのお話をお聞きして、みんなで会話を楽しみましょう。どうぞ気軽にご参加下さい。

ゲスト:石崎 雄一郎(ウータン・森と生活を考える会 事務局長)
ウータン・森と生活を考える会事務局長、ボルネオ保全トラスト・ジャパン理事、環境市民理事。2008年ボルネオで熱い心を持ち森林再生に取り組むNGOや村人に出会う。2012 年地球サミット・リオ+20に参加し先住民の声を聞く。

プロフィール

名称NPO法人フェア・プラス
住所京都府
Tel075-525-0064
E-mail
担当者名河西 実
本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ログイン
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop