【イベント】6月8日(金)「メディアで起き始めた#Me Too 声をあげられる社会をつくるために」

トップ投稿画像

受付中【イベント】6月8日(金)「メディアで起き始めた#Me Too 声をあげられる社会をつくるために」

投稿作成日時:2018年5月29日 15:31

地域東京都

カテゴリ女性,アドボカシー・人権,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

開催期間2018年6月08日~2018年6月08日
時間帯18:00~21:00
募集期間2018年5月29日~2018年6月07日
お申込み方法メール, インターネット
料金2000(単位:円)
定員200(単位:名)
対象者
料金補足説明学生は1000円
場所専修大学 神田キャンパス 5号館7階571教室
住所東京都〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8 グーグルMapを開く
最寄り駅・水道橋駅(JR)西口より徒歩7分 ・九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分 ・神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分(法科大学院へは徒歩1分)
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

[日時] 6月8日(金) 18時から21時 / [場所] 専修大学 神田キャンパス 5号館7階571教室 / [主催] ヒューマンライツナウ / [参加費] 一般2000円、学生1000円 / [スピーカー] 小島慶子氏(エッセイスト・東京大学大学院情報学環客員研究員)、浜田敬子氏(ビジネスインサイダー統括編集長)、古田大輔氏(BuzzFeed Japan編集長)、伊藤詩織氏(フォトジャーナリスト)

内容:
6月8日(金)午後6時から9時まで、財務省のセクハラ問題や#MeToo運動の専門家たちを招き、政府がどう変わるべきか、女性への人権侵害のない日本社会をどうつくるかを議論していくシンポジウムを開催致します。
今年4月に財務省のセクハラ問題が発覚し謝罪したものの、財務省の対応は問題を生んでいます。それから、日本でもメディアを通じて数々の女性たちが#MeToo運動を起こし始めました。声をあげる被害者への二次被害が深刻ななか、私たちがどう現実を変えれるか、そしてセクハラや性暴力を許さない社会、声をあげられる社会をどうつくっていけるかが現在、重要になっています。
エッセイスト・東京大学大学院情報学環客員研究員の小島慶子さん、ビジネスインサイダー統括編集長の浜田敬子さん、BuzzFeed Japan編集長の古田大輔さん、そしてフォトジャーナリストの伊藤詩織とともに、財務省をはじめ日本政府やメディア、そして日本社会そのものがどう変わるべきか、私たちに出来ることを考えていきたいと思っています。

申込:
参加申込ご希望の方は詳細URLにあるフォームよりお申込みください。

プロフィール

名称特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都新宿区山吹町 335 鈴木ビル4階
Tel03-6228-1528
E-mail
担当者名伊藤和子

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop