トップ投稿画像

受付中パレスチナ・ガザの今 〜現地からの最新報告と人権をめぐる専門解説〜

投稿作成日時:2018年6月26日 17:33

地域東京都

カテゴリアドボカシー・人権,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

午後6時以降からでもOK,学生さん歓迎!

開催期間2018年7月03日~2018年7月03日
時間帯19:00~20:30
募集期間2018年6月26日~2018年7月02日
お申込み方法インターネット
料金1000(単位:円)
定員70(単位:名)
対象者国際協力、人権、パレスチナ問題に関心のある方
料金補足説明
場所天光院 シュリーホール
住所東京都〒105-0011東京都港区芝公園1-3-16 グーグルMapを開く
最寄り駅都営地下鉄三田線 御成門駅 A2出口から徒歩1分     ※バリアフリー(エレベーター)出口A6から徒歩3分     JR線・東京モノレール 浜松町駅 徒歩13分     都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅 A3出口から徒歩12分
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

3月30日以降、ガザの市民はイスラエルへの抗議運動を続けています。
故郷に70年も帰れずにいる難民の帰還権を求めるこの運動に対し、イスラエル当局は実弾発砲をも含む武力で応じ、死傷者は増えるばかりです。
これまでに135人の市民が亡くなったほか、1万4,000人以上が負傷し、子ども、ジャーナリスト、医療従事者も攻撃の対象となって命を落としています。
そして国際社会の非難をよそに、国際法に違反するこれらの暴力は止みません。
ガザの人々は、一体なぜ、危険な抗議運動を続けているのでしょうか。
銃弾の飛び交う抗議運動の中で、私たちに何を訴えようとしているのでしょうか。
そして、国際社会や私たちは、どのように応えるべきなのでしょうか。
本イベントでは、ガザ支援を続けてきた日本のNGO職員、 現地取材から戻ったばかりのジャーナリスト、そして国際法の専門家の観点から、ガザを取り巻く状況を紹介します。
5月に行われた米国大使館のエルサレム移転の影響や、人々の声、日本のNGOや海外NGOによる提言、国連の動きなど、最新の情勢を解説し、来場者の皆様の質問にもお答えします。
ぜひご参加ください。

【申込方法】
インターネットのフォームからの申込みになります。詳細URLを参照ください。

主催:
(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)、(特活)ヒューマンライツ・ナウ
協力:
(特活) アーユス仏教国際協力ネットワーク


【お問い合わせ】
日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当:並木 麻衣
TEL:03-3834-2388

プロフィール

名称特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原7F
Tel03-3835-2110
E-mail
担当者名伊藤和子

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop