バングラデシュ駐在員 帰国報告会 2018-ラジオで変える、バングラデシュで働く少女の未来-

トップ投稿画像

受付中バングラデシュ駐在員 帰国報告会 2018-ラジオで変える、バングラデシュで働く少女の未来-

投稿作成日時:2018年10月06日 14:36

地域東京都

カテゴリ国際協力,教育,女性,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

開催期間2018年11月10日~2018年11月10日
時間帯14:00~16:00
募集期間2018年10月06日~2018年11月10日
お申込み方法メール, TEL, インターネット
料金1000(単位:円)
定員40(単位:名)
対象者
料金補足説明1,000円(一般)、800円(正会員・賛助会員・学生会員)
場所早稲田奉仕園 You-Iホール
住所東京都新宿区西早稲田2-3-1 グーグルMapを開く
最寄り駅東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩5分、JR山手線・西武新宿線 バス10分 東京メトロ副都心線 西早稲田駅 徒歩8分
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

シャプラニールでは、バングラデシュで1年間駐在員として勤めた猪瀬絢子職員の帰国に伴い「帰国報告会 2018」を開催することとなりました。わたしたちは、2006年よりバングラデシュの首都ダッカで家事使用人として働く少女たちを支援する活動をしています。過酷な労働条件で働く少女たちに、基本的な読み書きや計算の基礎的な内容を学べる機会を適用するラーニングセンターの運営を現地NGOと協働で進めています。当事者の少女たちへの支援だけでなく、少女たちの暮らす地域社会、雇い主や少女たちの親へワークショップなどを通して、バングラデシュ社会の根本にある児童労働に関する問題への啓発活動の意識も広げています。

今回は、猪瀬駐在員に「家事使用人として働く少女たち」を取り巻く社会環境や現状についてお話をします。また啓発活動の一つとして、コミュニティラジオを通した児童労働問題に取り組みをしています。ラジオ放送を通じ、働く少女たちの現状を伝えることでラジオのリスナーやラジオ局のスタッフに起きた変化など、フィールドワークから見えてきたことをお話しします。

【日時】

東京公演:11月10日(土) 14:00~16:00

福島県いわき講演:10月24日(水) 18:00~20:00
大阪講演:10月28日(日) 14:00~16:00
名古屋講演:11月24日(土) 13:00-17:00


【開催場所】

東京公演:早稲田奉仕園 You-Iホール(東京都新宿区西早稲田2-3-1)

福島県いわき講演:アートスペース もりたか屋(福島県いわき市平3-34)
大阪講演:箕面市国際交流協会 コムカフェ
名古屋講演:長久手文化の家 (愛知県長久手市野田農201番地)


【参加費】

東京公演:1,000円(一般)、800円(正会員・賛助会員・学生会員)

福島県いわき講演:500円 ※キーマカレー付き
大阪講演:800円 ※1ドリンク付き
名古屋講演:500円


【お申込み】

詳細URLよりご確認ください

プロフィール

名称特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会(認定NPO)
住所東京都 東京都新宿区西早稲田2-3-1 2-3-1 早稲田奉仕園内
Tel03-3202-7863
E-mail
担当者名須藤・長瀬

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop