新型コロナは途上国と私たちの何をあぶり出したか?ーアフリカ&ドミ共から帰国した協力隊員が生討論ー

トップ投稿画像

受付中新型コロナは途上国と私たちの何をあぶり出したか?ーアフリカ&ドミ共から帰国した協力隊員が生討論ー

投稿作成日時:2020年5月21日 20:53

地域東京都

カテゴリ国際協力,アドボカシー・人権,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,午後6時以降からでもOK,自宅でできる活動,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可

開催期間2020年6月06日~2020年6月06日
時間帯19:00~21:10
募集期間2020年5月21日~2020年6月04日
お申込み方法インターネット
料金500(単位:円)
定員90(単位:名)
対象者社会人(アフリカ、中米、途上国に関心のある方)、学生(国際・開発分野に関心がある方)、その他興味のある方はどなたでも!
料金補足説明・一般:500円
・「ganasサポーターズクラブ」のサポーター、パートナー:無料 
※詳細はこちら。
https://www.ganas.or.jp/gsc/ 
場所オンライン開催(オンラインビデオサービスZoom使用)
住所東京都 グーグルMapを開く
最寄り駅
場所補足説明※イベントの参加URLは、前日までに参加者の皆さま宛てに送付させていただきます
募集詳細リンク

募集詳細

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アフリカやアジア、ラテンアメリカなど71カ国で活動していた海外協力隊員1785人が全員、日本に引き上げました。

無念の帰国? さあ。本人に聞いてみないとわかりません。ただ、一言では表せないさまざまな思いが、帰国した隊員のなかには交錯しているようです。

「コロナ騒動で、中国人(アジア人)はあっち行け、と手でシッシッとやられた。差別される側の気持ちがわかった」
「私たち協力隊員が、誰一人残らず逃げ帰ってきた時点で、SDGsの『誰一人取り残さない』なんて、私はもう口にできないと思った」

ganasは6月6日(土)夜、「新型コロナは途上国と私たちの何をあぶり出したか?」と題するオンラインイベントを開催します。
といっても、現地の事情をなぞるだけのプレゼンはなし。最初から最後まで、アフリカとドミニカ共和国から緊急帰国した協力隊員5人が徹底討論します。

テーマは、新型コロナを通して、派遣された国と日本で見えたこと、体験したこと、考えたこと、思ったこと、これからのこと。コロナを単なる感染症として見るのではなく、「複眼の視点」で掘り下げてみたい方、必見・必聴です。
オーディエンスの皆さまからのご質問、ご意見も可能な限り受け付けます。協力隊のOB・OGも、そうでない方も、自宅からお気軽にご参加ください。

【申し込み方法/締め切り】
以下のPeatixのページより、お申し込みください。お申し込みはご入金をもって完了します。締切日は6月4日(木)午後11時55分です。定員に達した時点で締め切らせていただきます。

プロフィール

名称開発メディア
住所埼玉県
Tel04-2968-5350
E-mail
担当者名長光大慈

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop