トップ投稿画像

受付中イラク 緊急報告会 〜イラクでは何が起きているのか?〜

投稿作成日時:2014年7月07日 19:36

地域東京都

カテゴリ国際協力,アドボカシー・人権,移民・難民,平和,

ワンポイントチェック

開催期間2014年7月22日~2014年7月22日
時間帯18:30~
募集期間2014年7月07日~2014年7月22日
お申込み方法不要
料金資料代/500円 (事前申込不要)(単位:円)
定員(単位:名)
対象者
料金補足説明
場所ピースボートとうきょう(高田馬場)
住所東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1 グーグルMapを開く
最寄り駅JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅
場所補足説明高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分
募集詳細リンク

募集詳細

イラク戦争開戦から11年。まさに崩壊の危機にあるイラク。
再び国内避難民は世界最大規模の120万人超。
この半年間で少なくとも死者7,000人が暴力の犠牲になっている。
ISISとは何か?スンニ派市民のデモはシーア派政権に何を求めていたのか?
報道だけでは見えてこない市民の声を集め、イラク戦争がもたらしたもの、
国際社会が今すべきことを考えます。

<現地取材報告> ジャーナリスト 安田純平
2014年4月から5月にかけてイラクを取材。部族の軍事評議会、ナジャフのイラク軍
兵士の遺族、ファルージャ病院の医師へのインタビューや、サマワ市民の声など、
メディアが伝えない現地の様子を最新映像を交えて報告します。


<緊急支援報告> エイドワーカー 高遠菜穂子
昨年末にアンバールの情勢が一気に悪化し、短期間に40万人の避難民を出した
ファルージャとラマディ。イラク支援を支えてくださっている皆さまからのご寄付と
ピースボートの協力で、900家族以上に食料などの緊急支援物資を配付できました。
今後の人道支援継続は可能なのかを考えます。


<イラク情勢に関する声明> ヒューマンライツ・ナウ事務局長・弁護士 伊藤和子
国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、昨年末からのイラク西部アンバールにおける
戦闘激化と、イラク政府軍の病院攻撃や無差別攻撃を非難する声明を、
今年1月と3月に発表しました。国際社会にできることは何かを問いかけます。

≪ 共催 ≫
ピースボート 
イラク戦争の検証を求めるネットワーク 
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
日本イラク医療支援ネットワーク
イラクホープネットワーク

プロフィール

名称特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原7F
Tel03-3835-2110
E-mail
担当者名伊藤和子

この活動と似た活動

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop