トップ投稿画像

受付中【JVC10/8(水)】READY FOR?連動企画!JVCラオス現地駐在員帰国報告会

投稿作成日時:2014年9月25日 17:30

地域東京都

カテゴリ国際協力,アドボカシー・人権,

ワンポイントチェック

1日だけでOK

開催期間2014年10月08日~2014年10月08日
時間帯19:30~21:00
募集期間2014年9月25日~2014年10月07日
お申込み方法メール, TEL, インターネット, FAX
料金500円(JVC会員の方は300円)(単位:円)
定員25名(単位:名)
対象者
料金補足説明クラウドファンディングサイト READY FOR?を通じて寄附をして下さった方は参加無料です。
場所日本国際ボランティアセンター(JVC)東京事務所
住所東京都 グーグルMapを開く
最寄り駅
場所補足説明

募集詳細



経済投資による土地問題に揺れるラオス。村人の生計に重要な土地森林を不適切な形で収用してしまうケースも見られます。JVCでは、草の根で村人の声に耳を傾けながら様々な活動を行っていますが、それだけで全ての問題は解決しません。

NGOはどのような形で政策に影響を与えるアドボカシーを行うことができるでしょうか。NGOらしいアドボカシーとは何でしょうか。JVCラオスの経験から考えます。

【報告者】

林真理子
(ラオス現地事務所代表)

社会人4年目にNGOへ転職。「NGOってどんな活動してるんだろう...」という初級レベルからのスタート!以来、惹きこまれるように国際協力の道へ。NGOで2年、開発コンサルティング会社で3年間の経験を経て、2012年8月よりJVCラオス事務所駐在員。

プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
Tel03-3834-2388
E-mail
担当者名大村

オススメのボランティア

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop