トップ投稿画像

受付中【JVC 12/21(日)】熊岡路矢 出版記念会

投稿作成日時:2014年11月12日 14:40

地域東京都

カテゴリ平和,

ワンポイントチェック

開催期間2014年12月21日~2014年12月21日
時間帯14:30~17:00
募集期間2014年11月12日~2014年12月20日
お申込み方法メール, TEL, インターネット, FAX
料金一般2,000円 学生1,000円 ※懇親会3,500円(単位:円)
定員(単位:名)
対象者
料金補足説明
場所本立寺(ほんりゅうじ)
住所東京都品川区東五反田3-6-17 グーグルMapを開く
最寄り駅都営浅草線「高輪台」駅A1出口より徒歩約5分、都営浅草線「五反田」駅A6出口より徒歩約10分、JR山手線「五反田」駅 東口より徒歩12分
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

熊岡路矢 出版記念会「戦争の現場で考えた空爆、占領、難民」

 インドシナ難民の救援から30年にわたって紛争地での人道支援に関わり続けた熊岡路矢<日本国際ボランティアセンター(JVC)前代表>が、現場での経験を一冊の本にまとめました。カンボジア、イラク、そしてパレスチナ。紛争の現場で突きつけられた現実は、集団的自衛権の行使容認など平和主義が揺らぐ現在の日本に示唆を与えます。
 この出版記念会では、熊岡と現役NGOスタッフとの対話で歴史と現在を俯瞰しながら、紛争なき社会をつくるためのヒントを探ります。また、時代を超えて継承される繊細で優雅なカンボジア古典舞踊のステージもお楽しみいただけます。
 合わせて懇親会も開催いたします。ふるってご参加ください。

【共催】アーユス仏教国際協力ネットワーク、カンボジア市民フォーラム、日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)、日本国際ボランティアセンター(JVC)
【お申込み】日本国際ボランティアセンター(JVC)まで

【熊岡 路矢 プロフィール】
1947年東京生まれ。現在日本映画大学教授。日本国際ボランティアセンター(JVC)顧問。カンボジア市民フォーラム共同代表世話人。法務省難民審査参与員。1980年、インドシナ難民救援活動およびJVC創設に参加。1985年からJVCカンボジア代表。1995年から2006年まで、JVC代表/代表理事。東京大学大学院「人間の安全保障」プログラム客員教授、UNHCR駐日事務所アドバイザー、外務省「国際協力に関する有識者会議」委員、朝日新聞紙面審議委員、毎日新聞国際交流賞選考委員などを経て現職。2013年、「第1回アーユスNGO大賞」受賞。

【書籍】
熊岡路矢著「戦争の現場で考えた空爆、占領、難民 カンボジア、ベトナムから
イラクまで」彩流社刊(2014.7)定価1,900円+税
◎会場にて特別価格で販売いたします

プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
Tel03-3834-2388
E-mail
担当者名仁茂田

この活動と似た活動

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop