トップ投稿画像

受付中エルサレムの暮らしを知る ~聖なる土地の素顔と課題~

投稿作成日時:2015年5月22日 12:09

地域東京都

カテゴリ国際協力,宗教,平和,

ワンポイントチェック

午後6時以降からでもOK,友人と一緒に参加可

開催期間2015年6月04日~2015年6月04日
時間帯19:30~21:00
募集期間2015年5月22日~2015年6月03日
お申込み方法インターネット
料金1,000円/JVC会員500円(要事前申込)(単位:円)
定員30名(単位:名)
対象者
料金補足説明※経費を抜いた額は、寄付としてJVCの活動に大切に使わせていただきます
場所JVC東京事務所
住所東京都 住所:東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F  グーグルMapを開く
最寄り駅
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

 聖書にも出てくる街エルサレム。この街には、世界遺産に登録された旧市街をはじめ、イスラームを興したムハンマドが天に飛翔して神に会ったという場所や、ユダヤ教の古代神殿があったとされる場所や、イエス・キリストが十字架に掛けられたという場所など、様々な聖地と魅力が詰まっています。街は毎日たくさんの観光客で賑わい、きらびやかなお土産マーケット、新市街のおしゃれなカフェ、歴史的な遺跡を、昼夜問わず多くの人々が楽しんでいます。
 一方でエルサレムは、パレスチナとイスラエルの真ん中に位置する、まさに「パレスチナ問題の中心」でもあります。ここでは多くの人々が「当たり前の暮らし」を送ることができない困難に直面し、それらを乗り越えようと日々奮闘しています。
 本イベントでは、観光地としてのエルサレムの魅力とそこに暮らす人々の奮闘する姿を、今年4月に現地出張したばかりのJVCスタッフがお伝えします。エルサレムに行ってみたい方、住んでいる人々の素顔を知りたい方、中東での国際支援に関心のある方など、ぜひご来場ください。

登壇者プロフィール:並木麻衣(JVCパレスチナ事業東京担当)
イラク戦争のニュースを見て「紛争下でもたくましく生きる人々の素顔を探しに行きたい」と思い、大学でアラビア語と平和構築を専攻。在学中の授業でテーマになった”紛争地”パレスチナで暮らしてみたくなって、2006年から1年間、留学生としてパレスチナ・イスラエルへ。
現地に友人が増え、紛争の両側で生きる人々が抱える問題に触れるにつれて「日本からできることは何だろう」と悩みを深めながら帰国。大学卒業後はITベンチャー、レストラン、経理分野、大学などで働き、2013年7月より現職。人々の等身大の姿と体温を伝えたいと願いながら、日本とパレスチナの人々が繋がる事業を目指して日々奮闘中。

プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
Tel03-3834-2388
E-mail
担当者名大村

オススメのボランティア

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop