トップ投稿画像

受付中医療支援から見るアラブとクルドの平和構築

投稿作成日時:2016年4月25日 23:37

地域東京都

カテゴリ国際協力,医療・薬品,移民・難民,平和,

ワンポイントチェック

開催期間2016年5月07日~2016年5月07日
時間帯19:00~20:30
募集期間2016年4月25日~2016年5月07日
お申込み方法メール
料金2000円(単位:円)
定員20名(単位:名)
対象者誰でも可能です
料金補足説明ドリンク付
←参加費はイラクでの医療活動に使わせていただきます。
場所BUSHITUシモキタザワ
住所東京都世田谷区北沢2-1-8 グーグルMapを開く
最寄り駅下北沢駅
場所補足説明南口改札から徒歩5分
募集詳細リンク

募集詳細

現在イラク国内のアラブ地域ではIS(イスラム国)による迫害で
住んでいる場所を追われ、クルド地域であるイラク北部に避難している人々が約90万人います。

私が所属する「日本チェルノブイリ連帯基金(以下、JCF)」では、2015年からイラク北部のアルビルを拠点にして、イラクの国内避難民の医療支援を行っています。

長い歴史の中、アラブとクルドは政治的、民族的に対立しており、ISが台頭している現在でさえ、イラク軍とクルド軍は別々にIS掃討作戦を行っています。

そんな中、JCFの医療支援を軸にイラク国内ではアラブ地域の保健省とクルド地域の保健省が協力しあってイラク国内避難民の医療支援をすべく、立ち上がりました。

これはただの医療支援にとどまらず、アラブとクルドの平和構築につながる可能性があります。イラクでそのような活動をしているJCFですが、イラクに駐在しているJCFスタッフが一時帰国しているこの機会に、現地の様子を聞いていただく場を設けました。

現場で何が起きているのか、、、
多くの方々に足を運んでいただけたら嬉しいです。

日時:5月7日土曜日
19:00から20:30

場所:BUSHITUシモキタザワ
(下北沢駅南口から徒歩5分)
〒155-0031 東京都世田谷区 北沢2-1-8


参加費:2000円
(ドリンク付)
←参加費はJCFのイラクでの医療活動に使わせていただきます。

スピーカー:加藤丈典
(JCFスタッフ、イラク駐在員)


プロフィール

名称トゥルーウェーブ
住所東京都
Tel090-8492-0065
E-mail
担当者名国井真波

この活動と似た活動

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop