楢葉町スタディーツアー「ならは”結”versity」〜”まちづくり”って何だろう〜

トップ投稿画像

受付中楢葉町スタディーツアー「ならは”結”versity」〜”まちづくり”って何だろう〜

投稿作成日時:2018年10月06日 16:10

地域福島県

カテゴリ学習ワークキャンプ,その他,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,参加無料,友人と一緒に参加可

開催期間2018年11月02日~2018年11月03日
時間帯11:00~17:00
募集期間2018年10月06日~2018年10月31日
お申込み方法インターネット
料金0(単位:円)
定員12(単位:名)
対象者18歳〜28歳の方
※学生・社会人は問いません
料金補足説明現地までの交通費、一部食費はご負担いただきます。
参加費・宿泊費・その他費用はこちらで負担します。
場所みんなの交流館 ならはCANvas
住所福島県福島県双葉郡楢葉町大字北田字中満260 グーグルMapを開く
最寄り駅いわき駅
場所補足説明楢葉町様々な場所を巡ります。
募集詳細リンク

募集詳細

【福島県双葉郡楢葉町スタディーツアー】「ならは”結”versity」 参加者募集!!

・概要
ならは”結”versityは参加者の皆さんが楢葉町の町民や事業者と連携し、共に解決策を探し出し、
実践的学びが得ることを目的としています。

今回は「”まちづくり”ってなんだろう」をテーマに
楢葉町の資源である”木戸川の鮭”を中心に
私たちと一緒に新たなまちづくりについて考えます。

また、学びだけでなく、町民の方々と接していく中で楢葉町を知り、楽しみ、
人と人の繋がり”結”の良さを感じて欲しいと思います。


・楢葉町とは
楢葉町は東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故で震災発生から4年半の間、全町民が避難していました。
2015年9月6日に避難指示は解除され、現在では町内に住んでいる町民の人口が、約50%まで回復しています。
現在も、高齢化の急速な進行や農業、産業の減退などあり、様々な課題を抱えながらも前を向いて
「新生ならは」の創造に向けて進んでいます。

・参加対象
学生、社会人に関わらず18歳〜28歳の方
下記の全3回の事業に参加いただける方

・日程と内容(全2回)
今回のスタディーツアーは11月と1月上旬、全2回のプログラムを予定しています。
全体を通して、木戸川、漁業組合そしてまちづくりについて、一緒に考えていくプログラムとなっています。
プログラムを2回通して行いますので、両方のご参加をお願いします。

第1回「鮭の漁体験とアイデアソンワークショップ」
2018年11月2日(金) 11時〜3日(土)17時
JRいわき駅集合・解散

第2回 「ふ化場見学と事業プラン発表会」
2018年1月上旬2日間(日程調整中)
JRいわき駅集合・解散

・費用
参加費、宿泊費無料
※ いわき駅までの往復交通費は自費負担となります。
(東京→いわき 電車片道(特急):6170円 / 高速バス片道:3350円)
※ 食費一部負担あります。


問い合わせ先
一般社団法人ならはみらい 担当:堺・平山
TEL:0240-23-6771

プロフィール

名称ならはみらい
住所福島県
Tel0240-23-6771
E-mail
担当者名堺亮裕

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop