最悪の道へ進む学生を救いませんか? 学生→社会人→うつ・引きこもり

トップ投稿画像

受付中最悪の道へ進む学生を救いませんか? 学生→社会人→うつ・引きこもり

投稿作成日時:2018年11月09日 19:22

地域愛知県

カテゴリ子供,教育,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

開催期間2018年11月09日~-0001年11月30日
時間帯
募集期間2018年11月09日~-0001年11月30日
お申込み方法メール
料金0(単位:円)
定員8(単位:名)
対象者うつ病にならないための方法を学びたい人、うつ病に悩まされる人を救いたい人、うつ病に悩んでいる人、ストレス解消方法/ストレスの許容量をあげたい人
料金補足説明
場所愛知県名古屋市中区
住所愛知県 グーグルMapを開く
最寄り駅
場所補足説明

募集詳細

うつ病に悩む人は世界で推計3億2000万人にのぼると世界保健機関(WHO)では公表されています。

2015年時点の数字であるため現在ではさらに増えていると考えられます。

人口との比率を考えると、例えば学校で40人のクラスがあったとすると2人はうつ病に悩んでいるということになります。

あなたのまわりにはうつ病に悩んでいる人、いませんか?

また、このうつ病は若年層において増加傾向にあり、特に新社会人においては入社1年以内にうつ病を発症し休・退職してしまう若者が後を絶たないと言われています。

原因としては、楽しくて、自由な学生という立場から、給料を貰い、会社から様々な制約を与えられ働くという社会人になるという大きな環境変化からくるストレスによるものだと考えられます。

学生時代は、嫌いな講義は受けなければいいバイト先の人間関係に悩んだら辞めればいい自分と気の合う友達とだけつきあえばいいなどと「嫌なことから逃げる」ことができました。

しかし、社会に出てしまえばどんなに嫌なことからも逃げることができなくなるのです。

そして、自分の持つストレスの許容量を超えてしまったとき「うつ病」という現象になって表にでてくるのです。

そんなうつ病になってしまうかもしれない、学生/新社会人あるいはすでにうつ病に悩まされている人を救いませんか?

プロフィール

名称学生救済プロジェクト
住所愛知県
Tel090-4546-1753
E-mail
担当者名 山本健

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop