ラオス孤児院で教育・研究支援

トップ投稿画像

受付中ラオス孤児院で教育・研究支援

投稿作成日時:2022年9月08日 17:58

地域: その他

カテゴリ国際協力,子供,女性,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

開催期間2022年9月08日~2023年12月31日
時間帯
募集期間2022年9月08日~2023年12月31日
お申込み方法メール, TEL, インターネット
料金0(単位:円)
定員10(単位:名)
対象者高校生・大学生・大学院生
もしくは30代までの社会人
料金補足説明インターンへの参加は無料ですが、海外渡航費や生活費などの実費経費はご自身で自己負担下さい。
場所ラオス:ルアンパバーン県
住所海外Luang Prabang Province グーグルMapを開く
最寄り駅
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

このプログラムの参加者は、現地ルアンパバーン県孤児院ー児童養護施設附属の学校に所属して、観光産業で活躍できる人材を育成するための特別クラスを担当します。 教育の際に使用する言語は、英語となります(基本的なラオス語を学習して参加すると、さらに現地生徒との交流が充実します)。


ラオス・ルアンパバーン県は特に観光産業が活発で、現地経済の43.6%も占めています(JICA 2016)。しかしその観光産業で活躍できる人材は不足しています。特に貧富の差が激しいラオス北部では、家族の保護が十分に受けられない孤児院(orphanage school)の児童は、卒業後に孤立と貧困に陥るリスクが高く、その福祉の向上のためにも観光産業で雇用される職能開発が急がれています。


観光産業で活躍するためにラオス人児童たちにとって必要となるのが、会話を中心とした実践的英語力と文化的な知識です。 本プログラムは、その英語教育と歴史文化に関する調査研究のいずれか、もしくは両方について支援をしていただけるインターンシップとなっています。


たとえば、ある少数民族が暮らす村落の歴史や口頭伝承を聞き取り、それを英語に翻訳してテキスト作りを行ったり、子ども達が調べてきた自分たちの文化について英語の作文を指導したりエッセー・スピーチコンテストを開催するなどの教育が期待されています。 このように、まだまだ明らかとなっていないラオスの民族・文化・歴史について調査と研究をしながら、それを教育に活かしていく活動に取り組むのが、このプログラムの特長となっています。


□ 期間・費用など参加の条件について

最短1週間から最長で1年間の滞在ーインターンシップを柔軟にコーディネーションします。 
インターンに関わる費用は無料です。
渡航・滞在経費(宿泊費や食費)、海外保険や感染症予防接種(任意)などの必要な経費は自己支払い・自己負担となっています。  渡航期間や現地での生活水準によって、かかってくる費用は異なります。 詳しいことは、お申込み・お問合せ下さい。


プロフィール

名称わかもの国際支援協会 
住所大阪府
Tel06-6777-1141
E-mail
担当者名横山泰三
本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop