トップ投稿画像

受付中【上映会】開発に押されて―メコン河流域の生活と環境は今

投稿作成日時:2018年3月08日 12:37

地域東京都

カテゴリ環境,

ワンポイントチェック

午後6時以降からでもOK

開催期間2018年3月20日~2018年3月20日
時間帯19:00~20:10
募集期間2018年3月08日~2018年3月19日
お申込み方法不要
料金0(単位:円)
定員20(単位:名)
対象者
料金補足説明資料代100円。ただし、メコン・ウォッチ会員は無料。
場所ESD-J会議室
住所東京都荒川区西日暮里5-38-5日能研ビル201 グーグルMapを開く
最寄り駅西日暮里
場所補足説明ビルの入口は、線路沿いの道路側にあり

募集詳細

東南アジア最長の河、メコン河。その流域では、自然の恵みを生かした豊かな暮らしが営まれて来ました。食卓には海の幸・山の幸ならぬ川の幸・森の幸が並び、昔ながらの方法で、その土地にある資材で家を建て、生活道具を作るなど、自然資源に依拠した暮らしがあります。しかし今、急激な経済成長が進む同地域では、自然環境や人々の暮らしは様変わりしています。特に、都市部や工業部門への電力供給を目的に、各地で進められているダム建設は、大きな影響を及ぼしています。

上映会では、メコン・ウォッチが、ラオスとカンボジアで制作したドキュメンタリー映像2本を上映し、ダムなどの開発がこの地域にもたらす影響について見ていきます。両国の目覚ましい経済成長の陰で何が起きているのか知っていただけたら幸いです。

※「川のための国際行動デー(International Day of Action for Rivers)」(3月14日)関連イベントとして開催いたします。

■日時 2018年3月20日(火)19:00-20:10(開場18:30)
■場所 ESD-J会議室(東京都荒川区西日暮里5-38-5日能研ビル201)
■アクセス JR山手線/京浜東北線・東京メトロ千代田線 西日暮里駅から徒歩5分
ビルの入口は、線路沿いの道路側にあり。
■定員 20名
■参加費 無料
■資料代 100円(メコン・ウォッチ会員は無料)
■プログラム
スタッフによる解説
上映1「食を支える自然 ラオスの森と川(11分)」
スタッフによる解説
上映2「カンボジア 失われる豊穣の時―セサン下流2ダムのもたらす悲劇(24分」
質疑応答

プロフィール

名称メコン・ウォッチ
住所東京都 台東区台東 1-12-11 青木ビル3F
Tel03-3832-5034
E-mail
担当者名木口

この活動と似た活動

本サービスでの主な禁止事項

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティア登録

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop