トップ投稿画像

受付中復興はどこまできたか―北上町の復興から学ぶ―

投稿作成日時:2013年9月10日 14:15

地域東京都

カテゴリ環境,農業,

ワンポイントチェック

開催期間2013年10月05日~2013年10月05日
時間帯13:00~15:00
募集期間2013年9月10日~2013年10月04日
お申込み方法メール, TEL, FAX
料金500円(単位:円)
定員(単位:名)
対象者
料金補足説明
場所PARC事務所2階
住所東京都千代田区神田淡路町1‐7‐11 東洋ビル グーグルMapを開く
最寄り駅•都営新宿線「小川町」/丸ノ内線「淡路町」/千代田線「新御茶ノ水」 各駅A5出口から徒歩2分(※いずれの駅も地下でつながっています) •JR「御茶ノ水」聖橋口から徒歩6分
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

北上地区は、どんな歴史をたどってきたところなのか、そしてどんな復興まちづくりを目指しているのか。
自然とコミュティとの関係を中心に、震災前から地域の研究をされていた宮内泰介氏から学びます。

また、パルシックは北上町で、不自由な仮設住宅での生活の中、悲しみを胸に漁業を開始し農作業を行う被災者の方々に励まされながら活動を行ってきました。その過程を、パルシック代表理事の井上礼子がお話します。

日時:10月5日(土) 13:00-15:00   
場所:PARC事務所2階 (パルシック事務所と同じ建物内)   
参加費:500円  

◇宮内泰介氏(北海道大学教員/さっぽろ自由学校「遊」共同代表/PARC理事)
『北上に見る自然・コミュニティ、そして復興』     

◇井上礼子 (パルシック代表理事)      
『コミュニティ復興支援でのパルシックの仕事』    

プロフィール

名称パルシック
住所東京都 千代田区神田淡路町 1-7-11 東洋ビル1階
Tel03-3253-8990
E-mail
担当者名東京事務所担当者

この活動と似た活動

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop