トップ投稿画像

受付中ボランティアの始め方 『被災地の貧困家庭の子ども達の未来のために』東京であなたが出来ること!

投稿作成日時:2015年2月19日 08:26

地域東京都

カテゴリ子供,災害支援,女性,食品,アドボカシー・人権,

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,午後6時以降からでもOK,自宅でできる活動,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,参加無料,短期可,長期可,友人と一緒に参加可

開催期間2015年2月21日~2015年2月21日
時間帯14:00~16:00
募集期間2015年2月19日~2015年2月21日
お申込み方法メール
料金1000(単位:円)
定員20名(単位:名)
対象者母子家庭の貧困=子どもの貧困です!
日本の母子家庭の貧困率は57.4%、子どもの貧困率は16.3%
これは遠い途上国の話ではありません。今の日本の現状です。
日本は先進国の中で最も母子家庭の貧困率と子どもの貧困率が高い国です。
そして、被災地の母子家庭の現状はもっと深刻です。
『被災地の母子家庭の子ども達の未来を希望に繋げる活動』に興味のある方。
被災地の母子家庭の生活困窮の現状について知りたいと思う方。
料金補足説明NPOへのカンパを含みます。
場所渋谷駅徒歩5分 ソルビアンカ
住所東京都渋谷区桜丘町8-17 シャレー渋谷 A棟 2F 203 グーグルMapを開く
最寄り駅渋谷駅徒歩5分
場所補足説明渋谷区桜丘町
募集詳細リンク

募集詳細

NPO法人マザーリンク・ジャパンは渋谷区桜丘町にあるNPOです。
フードバンクと連携し、被災地の貧困母子家庭に食糧支援を続けています。
これは『子ども達の未来を希望に繋げる活動』です。

被災地での活動の経験談と被災地の『母子家庭の貧困=子どもの貧困』についての話が中心です。

『子ども三人いて震災後3年間“ずっと一日一食だった”』
『子どもの靴も買えず小さくなった靴のかかとを踏ませて我慢させている』
3.11の被災地の仮設住宅に住むこういった母子家庭には
どこからも支援の手が差し伸べられていませんでした。
そして、まだまだこういったご家庭が沢山あります。
日本の子ども達の未来のために、私たちはこの歩みを止めるわけにはいきません。

『貧困家庭の子ども達の未来のために』できる人ができる事を!
あなたに出来ることがきっとあります。

私たちの話を聴きに来ませんか?

プロフィール

名称特定非営利活動法人マザーリンク・ジャパン
住所東京都 渋谷区 桜丘町15-8 桜丘ビリジアン601
Tel090-3336-3662
E-mail
担当者名横山剛志

この活動と似た活動

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop