トップ投稿画像

受付中3月5日(土)開催第9回ツキイチカフェ「40年前、廃村になった村の復興」

投稿作成日時:2016年2月22日 22:34

地域京都府

カテゴリ環境,文化・アート,農業,建築,歴史・伝統,

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!

開催期間2016年3月05日~2016年3月05日
時間帯13:30~15:30
募集期間2016年2月05日~2016年3月04日
お申込み方法メール, TEL, インターネット, FAX
料金社会人500円、学生300円(単位:円)
定員20名(単位:名)
対象者過疎化への取り組み、新たな形での地域おこし、環境保全、有機農業に関心をお持ちの方、京都大原大見村に関心をお持ちの方
料金補足説明(フェアトレードコーヒー、アバカ手編みコースター(初回参加者)、ブランドカードセット代を含む)
場所東山いきいき市民活動センター 101号室
住所京都府京都市東山区巽町442-9  グーグルMapを開く
最寄り駅京阪電鉄「三条」駅、地下鉄東西線「三条京阪」駅
場所補足説明
募集詳細リンク

募集詳細

**定員に達したため、申し込みを締め切りました**

テーマ:「40年前、廃村になった村の復興」
ゲスト:藤井 康裕さん
「廃村復興」、初めは漠然としたテーマを抱えながら、京都市北部大見村に一人廃村に暮らし、有機農業を営んだ藤井康裕さんは、
2011年、若手建築家などの友人3名と「大見新村プロジェクト」を立ち上げた。「環境」をテーマに活動を開始し、「生業」・「住まい」など活動テーマを広げ、畑での収穫体験やジビエなどを使っての生業を検討した。昨年、クラウドファンディングにより拠点も完成させ、宿泊・雨宿り・イベント開催なども可能とした。と、これまでの活動を淡々と語る。
フェアトレードコーヒーを飲みながら、ゲストがこれまで取り組んでこられたことについてお聞き、みんなで会話を楽しみましょう。どうぞ気軽にご参加下さい。

ゲスト:藤井 康裕(有機農家・大見新村プロジェクト代表)
大学卒業後、フリーターを経てプロの有機農家を目指して廃村に移り住む。大見村は父の生家があり、耕作放棄地があった。
2011年より「廃村復興」の活動を開始する。現在、有機野菜の大原朝市や里の駅、市内のレストラン・八百屋に出荷している。



プロフィール

名称NPO法人フェア・プラス
住所京都府
Tel075-525-0064
E-mail
担当者名河西 実
タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風18号関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他

紹介メディア

紹介メディア

pagetop