「ガーナをおいしく学ぶ!」〜本場の料理から生のシアバター、ブレイズヘア体験も〜

トップ投稿画像

「ガーナをおいしく学ぶ!」〜本場の料理から生のシアバター、ブレイズヘア体験も〜

投稿作成日時:2014年10月06日 00:04

地域埼玉県

カテゴリ国際協力,文化・アート,食品,

コメント掲示板を利用するにはログインが必要です。

ボランティアに今すぐ応募

ワンポイントチェック

見学/体験プログラムあり

開催期間2014年10月18日~2014年10月18日
時間帯17:00~19:30
募集期間2014年9月25日~2014年10月11日
お申込み方法メール, インターネット
料金2500円(単位:円)
定員15名(単位:名)
対象者アフリカに興味のある方、外国料理の好きな方
料金補足説明
場所レストラン「アフリカン・パレス」
住所埼玉県埼玉県草加市高砂2丁目2−6 グーグルMapを開く
最寄り駅草加駅
場所補足説明草加駅東口から徒歩5分
募集詳細リンク

募集詳細

このイベントでは、日本で約10年暮らし、アフリカン・パレスのオーナーであるガーナ人女性ティナ・アプラクさんと、ガーナ大学に8月まで留学していた開発メディアganas記者・矢達侑子が、本場のガーナ料理を作ります。その間、ガーナの文化や社会問題についても写真を交えながら紹介します。希望者にはブレイズヘア(付け毛を使った編み込み)の体験や、アフリカの布やドレス、アクセサリー、スパイスなども販売します!

お申し込みはフェイスブックのイベントページ(上記、詳細リンク)から「参加する」を押していただくか、開発メディアganasのメールアドレス(以下プロフィールに表示)にお名前、ご所属先、ご連絡先をお送りください。

<料理について>
今回は、ガーナで最もポピュラーな料理のひとつ「フフ」と「ライトスープ」を作ります。フフとは、キャッサバ(またはヤムイモ)と、プランテン(調理用バナナ)を臼に入れて、木の杵で餅のようについた料理。食感も見た目も餅に似ていて、味はくせがなく食べやすいです。ただ今回は実際につくのではなく、インスタントのフフ・パウダー(ホットケーキミックスのような粉)を使います。

ライトスープは、トマトやタマネギ、トウガラシと肉類(今回は鶏肉)を煮込んだスープ。お好みでオクラも加えます。スパイシーな料理が苦手な方のためにも、今回のイベントでは辛さは調整可能にしています。さらに、もっと色々なガーナ料理に挑戦したい方は、追加オーダー(一皿1000円)もできます!

またドリンクは、メニューからお好きなものをご注文いただけます。ガーナのソフトドリンクや地酒を堪能できる絶好の機会です。

プロフィール

名称開発メディア
住所埼玉県
Tel04-2968-5350
E-mail
担当者名長光大慈

この活動と似た活動

タイプ別に探す
緊急災害支援 イベント ボランティア スタディツアー ボランティアバス 職員募集 助成金情報
職員募集
正職員 契約職員 嘱託職員 アルバイト インターンシップ 業務委託契約 現地スタッフ その他 貢献企業の就活・インターン紹介(外部サイト)

地域別に探す

カテゴリ別に探す
東京オリンピック 環境 国際協力 高齢者 文化・アート スポーツ 子供 障害者 教育 メディア・放送 コンピューター 医療・薬品 災害支援 農業 建築 救護 雇用 政治 歴史・伝統 宗教 女性 法律 寄付 動物保護 食品 衛生 ホームレス・住環境 アドボカシー・人権 飢餓 移民・難民 平和 フェアトレード 学習ワークキャンプ 熊本地震関連 その他 台風関連
ボランティアのワンポイント
土・日のみの参加が可能 午後6時以降からでもOK 自宅でできる活動 1日だけでOK 初心者歓迎! 学生さん歓迎! 見学/体験プログラムあり 参加無料 短期可 長期可 外国語と触れ合える 友人と一緒に参加可

紹介メディア

紹介メディア

pagetop